スニーカーランドリー べんりなインフォ

洗剤が自動投入されます。    


 スニーカーランドリー洗濯機の洗濯槽にはブラシ状の洗濯棒が付いています。この洗濯棒が回転してクツの汚れを強力に落として行きます。大人のスニーカーなら2足、子供のスニーカーは、4足まで入れることができます。
 クツ表面はこのブラシがこすりながら汚れを落とし、クツ内部は洗剤の含まれた水流が巡回しきれいにします。固く結んでおけば、靴ひももはずす必要がないのは手間がかからず便利です。つまり、靴ひもも一緒に洗うことができます。
 約20分の洗濯行程で終了します。
 スニーカーランドリー洗濯機の操作パネルにあるこのオレンジ色のボタンは2つの機能があります。
ひとつは、洗濯行程に入る前に、洗濯槽を洗浄する機能です。直前に洗濯した方の洗濯が気になる場合にご利用ください。気持ち良く洗濯することができます。
 もうひとつの機能は、全行程が終了した時点で使います。洗濯槽が高速回転して脱水を行いますが、クツの場合、クツの底が外側をむいていると、クツ内部に水がたまり脱水が完全にできない場合があります。脱水終了後、お客様が確認し、クツ内部に水がたまっている場合は、クツ底を内側に向けて洗濯槽に入れなおし、もう一度2分間脱水をすることができます。
 この追加脱水をすることで、クツ内部の水分を除去することができます。
 これが、スニーカーランドリー乾燥機の内部です。黒い筒状の棒が4本背面から突き出ています。この棒を足代わりに履かせるようにして、クツ内部に奥まで差し込みます。
 この黒い筒から熱風が吹きだし、クツを乾燥します。普通のスニーカーであれば約40分で乾燥することができます。
 子供用のクツの場合は、1本の筒から出ているうU字型の鉄の棒に一つづつクツを差し込むことで、4足まで同時に乾燥することができます。
 このスニーカーランドリーは、スニーカーだけでなく上履きや運動靴なども洗える上、約60分で乾燥までできるたいへん便利なランドリーといえます。