作業服の洗濯は課題が多い。
 作業服は、文字通り作業する環境が色々あります。工場など良かった場所で働く場合でも、働く場所により作業服の形や生地が大きく違います。また、汚れ具合、汚れる原因も全然違います。汚れの落とし方、洗濯方法も千差万別と言えるでしょう。
 作業服を管理する方が誰なのかでも、洗濯方法が大きく違います。使用者個人で管理する場合は、自宅に持ち帰り、自宅の洗濯機で洗う場合が多いのではないでしょうか。会社等の組織で管理する場合は、会社に設置した洗濯機で洗ったり、まとめてクリーニングに依頼したり、担当者がまとめてコインランドリーで洗ったりしているのではないでしょうか。
 当店では、以下のとおりの方法で対応しております。

1、使用者個人で管理されている場合
 @ 定期的にご自宅までお伺いし集配送サービスをご利用いただいています。一般の生活衣類とまとめて洗濯・乾燥する方が多いです。作業服が今までよりきれいになるだけでなく、生活に関わる全ての洗濯が一度に済み、きれいな洗濯物が手たたみした状態で受け取ることができます。
 A 週末休み等に当店舗へご来店下さるお客様がいます。油汚れなど、汚れ具合により下洗いサービスをご利用いただいております。洗濯機のみではどうしても落とせない汚れがあります。下洗い(有料)することにより、相当程度きれいにすることができます。作業服の汚れ落としのポイントは、毎回の洗濯でどれだけ汚れを取るかです。汚れが残るとどんどん汚れが蓄積し、作業服全体が汚くなってしまいます。

2、会社等の組織で管理する場合
 @ 朝、集荷にお伺いし、夕方に洗濯した作業服をお届けします。管理者は、朝汚れた作業服を渡して、きれいになった作業服を夕方受け取るだけです。汚れ具合により、下洗いをしますので、相当程度きれいになります。
 A クリーニングに依頼していた場合では、かかるコストが断然違います。コインランドリーでは、集配送料金・下洗い料金・たたみ料上下1組30円が別途かかりますが、基本的には洗濯機・乾燥機を利用する料金のみです。作業服の数が増えれば増えるほどお得になり、クリーニングに出した場合のコストの差が大きくなります。
 B 下洗い(有料)サービスの効果で、汚れ落ちが断然違います。作業服によっては、クリーニングに出すよりもきれいになるものがあります。これは、ドライクリーニングより、水洗いの方が適している作業服があるからです。

 このように今までより、きれいになったり断然コストが安くなったりする方法があります。すでにご利用いただいているお客様には、大変ご好評をいただいております。ぜひご相談下さい。一番良い方法を提案させていただきます。

 

 
  布団・毛布などの大物洗濯に喜ばれています。
 洗濯物を運ぶのも意外と大変です。布団などもきれいに洗えますが、歩いて運んだり自転車で運んだりするのは、足もとが見えなかったりうまく載せられないでふらついてしまったり、たいへん危険です。また、マンション等にお住まいの方は、階段の上り下り、エレベーター利用時の煩わしさなど、気になることが多くあります。
 このような時は、ぜひご利用下さい。今までご利用なさった方々に、大変ご好評をいただいております。
 洗濯仕事の中で、意外と時間がかかり大変なのが干す作業と、たたむ作業です。脱水が済んだ洗濯物をまとめてそのまま当店舗へ持って来ていただくだけで乾燥もたたみもお任せ下さい。
 季節ごとの洗濯にぜひご利用下さい。

 

 
  小さなお子様をお持ちのお母様方に喜ばれています。
 小さなお子様は、衣類や布団、カーペットを汚すのが仕事です。その中で身につけていく知能や運動能力がたくさんあります。お子様の行動はできるだけ自由にしたいものです。安全であることを見守りながら。
 お子様のペースに合わせ行動を共にしていると、何かと時間が過ぎてしまいます。また、洗濯物が増えるのに天気の悪い日が続くと大変です。
 お子様との時間を大切にしていただき、乾燥(乾燥だけだと割り安)はお任せ下さい。
 洗濯仕事の中で、意外と時間がかかり大変なのが干す作業と、たたむ作業です。脱水が済んだ洗濯物をまとめてそのまま当店舗へ持って来ていただくだけで乾燥もたたみもお任せ下さい。
 もちろん、たたみは無料です。(受付時間帯 9:00〜14:00 受けて受け多数の場合は14:00以前でもお断りする場合があります。木曜日を除く。)
お子様の洗濯物もお任せ下さい。